歯周病は国民病のひとつです

今回は、「歯周病は国民病のひとつです」についてご案内しますね。
平均寿命のみならず健康寿命の延伸が求められている人生80年の超高齢社会を迎え、自分の歯が20本あれば、美味しく物を食べることができ、素敵な笑顔で、健康で長寿をまっとうできると言われています。しかし、これまでの歯科疾患実態調査によると、歯肉に何らかの異常がある人は約70%に達し、特に働き盛りの中高年者の約80%が歯周病に罹っていると報告されています。

 

厚生労働省のサイトで

日本人の歯周疾患の実態(「8割が歯周病」とは?)と案内されていますが、少し大げさな表現ですね。
しかしながら、単純計算すると歯肉になんらかの症状が見られる患者数は約8,900万人と推定されますが、実際歯科診療所で治療を受けている患者さんは、約130万人程です。
一方、80歳で20本以上自分の歯を持っている人の割合は約20%ですが、平均すると約10本です。
永久歯の抜歯の主原因別内訳は、歯周病が42%、むし歯が32%、破折が11%および矯正が1%で、抜歯本数を年齢階級別に見ると、歯を最もたくさん失うのは60~64歳です。2015082102

国民病とは、国民の多数に蔓延して体位・体力を低下させ、生産性を減退させるなど、社会に悪影響を及ぼすような病気と定義されています。

右の写真は歯石を除去した写真です。
この様に歯科医院で早期に歯石を除去することで国民病と言われている歯周病の予防に繋がります。
40代以上になれば、定期検診が大切な事をご理解して下さいね。