インプラントは天然歯と同様の復元が期待できます

implant02インプラントはブリッジや入れ歯のように歯茎の上に人工の歯冠を載せるという治療ではなく、インプラント体と呼ばれる人工歯根を、天然歯の歯根の代わりに歯槽骨に埋め込んで、しっかり固定させ歯根までの機能を復元させる治療です。

さらに骨に埋め込んだ土台(アバットメント)の上に人工歯冠を装着します。インプラントの人口歯は食べ物を噛むときの圧力を自分の顎の骨で感じることが出来ます。歯根膜が無い為に食べ物を噛んだ時の衝撃は吸収できないものの、その圧力に耐える強度も持ち備えていますので、天然歯とほぼ同様の性能が期待できるわけです。

インプラントは噛む力においては天然の歯の70~85%まで回復させられることがわかっています。十分なカウンセリングと検査を行い、正確に埋め込むことで骨とインプラントはしっかり結合し、噛む喜びを取り戻すことができるのです。

当院ではインプラント治療を約30年間行っており、インプラントの生着率は実に95%以上を確保しています。
生着率が100%でないのは残念ことですが、これは装着後のメンテナンスをまったく行わない患者様がおられる事が一番の原因です。shutterstock_142894969
インプラント治療がうまく出来たとしてもメンテナンスを怠れば、天然歯がむし歯となり、さらに歯周病となるのと同様で、結果歯が抜けるのことになるのです。

当院ではその様な患者様にも最善の努力を行い、機能回復の治療を行っています。

なんと30年間、患者様との訴訟等のトラブルは0件です。