総入れ歯 治療法のメリット・デメリット

総入れ歯はインプラント同様に、歯周病などで歯を無くした時の治療法の一つです。
無くした歯の本数など状況に応じて「部分入れ歯」か「総入れ歯」で対応します。

メリット01-02 (r)
・取り外しが簡単
・素材次第で保険診療が適用でき費用を抑えられる
・どの歯科医院でも治療できる

デメリット
・どうしても違和感ある
・発音がしにくい
・年月とともに合わなくなる
・噛む力が弱いため硬いものは食べられない
・歯茎が覆われるので味覚や温度がわかりにくい
・歯茎との間に食べ物が挟まって痛む
・安定感に乏しく外れやすい

csp18637035