大阪の皆様へ 骨誘導再生法のご案内

インプラント治療を受ける為には顎に十分な骨の厚みや幅が必要です。しかし、解剖学的構造から見てインプラントを植立するのが難しいという患者様もおられます。
例えば上顎では、上顎洞が非常に発達していて、十分なインプラント埋入深度のとれない患者様や、下顎では、下顎神経血管束との位置関係でインプラントを深く埋入する事が出来ない患者様がそうしたケースに当ります。
又、歯周病や怪我などで歯が抜けた後、長時間経過すると歯を支えていた骨の吸収が進み、厚みや幅が減少してしまいインプラントが埋入出来ません。
しかし、その様な場合もインプラントを諦める必要は有りません。現在では自家骨(患者様自身の骨)を採取して不足部分に移植・補填するなど、人工的な骨補填材を補填する「骨造成術」など多岐に渡る増骨治療により、インプラント治療を行う事が可能です。

gbr当院ではその様な患者様には顎骨の再生療法(骨誘導再生法)を行ってインプラント埋入手術を行っています。

骨誘導再生法はGBR(Guided Bone Regeneration)と呼ばれています。
GBR 法は、インプラントを埋め込む為に十分な骨の厚みや幅がない場合、骨の厚みや幅を増やす療法です。
状況により、骨補填剤(骨生成剤)を使用する場合や、患者様自信の骨(自家骨)を採取・移植して、骨の再生を誘導します。

上顎洞が拡大してインプラントを埋入で出来ない時は、サイナースリフト法とソケットリフト法という2つの治療法のうちどちらかで骨造成を行います。