大阪の皆様 サイナースリフト法

caseimg2 (1)ソケットリフト法による骨幅の確保が難しい場合に行う手術です。 上顎洞底面のシュナイダー粘膜(上顎洞と歯槽骨の間にある粘膜)を骨から剥離し、出来た空間に自家骨や骨補填剤(骨生成剤)を充填していき骨幅を確保します。移植する骨は、自分の骨を使い、そこに人工骨を混ぜたものを埋め込んで行きます。顎の骨に空洞を作り、粘膜を引き上げてインプラントを埋め込む作業をして行く難易度の高い治療法です。
移植した骨が安定するまで一定期間時間を置き、安定が確認出来ればインプラント手術をお行います。
サイナースリフト治療法は歯槽骨の厚みが5mm以下と骨の厚みが少ない場合に用いられます。サイナースリフトが開発されて多くの患者様にインプラント治療が行える様になりました。

治療の流れ

①歯茎を切開し歯槽骨に穴を開ける窓を作ります。
②窓から専用の器具を差し込み、上顎洞から粘膜を剥がします。
③剥がした粘膜をそのままゆっくり上に持ち上げ、上顎洞の底部を押し上げます。
④歯槽骨と上顎洞粘膜の間に出来た空間に自家骨又は補填材を入れます。
⑤一定期間後インプラントを埋入する。

デメリット

・外科的侵襲が大きい
・治療期間が長い