大阪の皆様へ 噛む圧力に耐える天然歯を歯根から復元できる

インプラント体と呼ばれる人工歯根を、天然歯の歯根の代わりに歯槽骨に埋め込んでしっかり固定しますので、歯根まで復元する治療と言えます。 さらに骨に埋め込んだ土台の上に人工歯冠を装着しますので、食べ物を噛む時はその圧力を自分 続きを読む →

大阪の皆さまへ 天然の歯は大きな圧力に耐えられる構造をしています。

天然の歯で噛む時の圧力は相当なもので、食事中うっかり舌を噛んで、その痛みと出血で噛む力の凄さを知る事が有りますよね。 噛む圧力は20~30歳の男性の奥歯で約60kg、女性でも約40kgも有ると言われています。食事中の咀嚼 続きを読む →

大阪の皆さまへ インプラント治療は優れた治療法です

インプラント治療では、従来のブリッジ治療などと違い周囲の健康な歯を削る必要は有りません。また、審美性についてもたいへん優れていますので画期的な治療法として多くの歯科医院で導入されています。 歯が1本でも抜けると全身の健康 続きを読む →

大阪の皆様へ 天然の歯に近い噛み心地を取り戻せます

インプラント治療では失った歯と同じ機能で噛む喜びを取り戻す事が出来ます インプラント治療という言葉を、近年インターネット・テレビや新聞・雑誌などでよく目にすることが有りますね。でも実際に行う治療については、具体的によく分 続きを読む →

大阪の皆さまへ 全身的リスクファクターその1

歯科インプラント治療の全身的リスクファクターには,「手術に対するリスク(手術危険度)」 と「骨結合を妨げるリスク」の 2 つが有ります。 インプラント治療のリスクファクターとなる全身疾患 一般的に服薬・既往など全身疾患に 続きを読む →

YESDEX2015国際学術大会

昨年、11月14日(土)~15日(日)韓国 YESDEX2015国際学術大会に参加して まいりました。 14日(土)の夕方に会場に到着しましたので、まず、展示ブースの見学をしました。 インプラントブースの数の多さに圧倒さ 続きを読む →

大阪の皆さまへ インプラント治療後のリスク

今回はインプラント治療後のリスクについてご案内致します。 〇歯間乳頭(歯と歯の間の歯肉)の喪失など審美的問題 インプラント治療によって、歯と歯の間にある歯肉が失われる事が有ります。すると歯と歯の間に三角形のすき間ができ、 続きを読む →

大阪の皆さまへ インプラント治療のリスクについて その③

上顎洞炎 一方、上顎で起こりやすいのが上顎洞炎です。 上顎には鼻腔に繋がる上顎洞という空洞が頬の辺りに広がっています。上顎洞までの骨の厚みには個人差が有りますが、上顎の骨に穴を開ける時に骨の厚みを誤って深く開け過ぎると、 続きを読む →

大阪の皆さまへ インプラント治療のリスクについて その②

インプラント手術では歯肉を切開し縫合する為、術後に痛みや腫れが起こる事が有りますが、これは顕著な事ではなく、痛みは1~2日程度で治まり、1週間続く事は稀です。腫れも一般的に術後3~7日程度で完治します。 しかし痛みや腫れ 続きを読む →

大阪の皆さまへ インプラント治療のリスクについて その①

手術が必要なインプラント治療。全身の病気と同様に手術を受ける際には合併症の危険性が伴います。インプラントは行きなり治療や手術を行うものでは有りません。治療の前には、十分な検査や治療計画を立てたりする為の時間が必要です。こ 続きを読む →

大阪の皆様へ インプラント治療が向いている抜けた歯の場所について

歯が1本抜けて両隣の歯が健康な状態 ブリッジの難点は失った歯の両隣の歯を削る事に有ります。 両隣の歯がむし歯治療などで削られている場合は、ブリッジに向いていますが、健康な歯の場合寿命が縮まるとも言われています。 &nbs 続きを読む →